30日間無料!PDF出力も可能なオフィスソフト!
オフィスソフト「Kingsoft Office 2010」

2017年07月09日

MakeMKV + ImgBurn を使う方法 




かきかけです。

1.MakeMKVを起動、ブルーレイをドライブに挿入

ブルーレイを挿入直後
▲クリックで拡大
MakeMKVを起動し、blu-rayディスクを挿入すると、最初に数秒ほどこのような画面に。
恐らく試用期限やツールのアップデート情報や、blu-rayのプロテクト情報などをネット上で確認しています。この時点ではプロテクト解析はされていません。リッピングも不可能。

MakeMKV起動画面
▲数秒で元の画面に戻ります。
暗号解読出来なかった場合は、リッピングボタン、バックアップボタン共に灰色になります。カラーになっていればリッピング・バックアップ共に可能な状態。

2.バックアップボタンをクリック



ブルーレイのリッピングからバックアップ
▲クリックで拡大
メニューバーの「バックアップ」ボタンをクリック。


ブルーレイのリッピングからバックアップ2
▲この時、ツールバーの「ファイル」≫「バックアップ」を選んでもOK

リッピング・バックアップのダイアログ画面


▲上記の様なメニューが表示されるので、「復号化の有無」をチェックし、出力フォルダを指定して、「OK」をクリックすればリッピング>バックアップが自動的に行われます。

MakeMKVベータ版では、復号化できるプロテクトの種類を取捨選択する事は出来ないようです。
確認できたプロテクトは全部解析する/または全部解析しない、どちらかしか選べないっぽい。



 ImgBurn イメージ構築

※直接書き込みしても良いのですが・・・
素材が2層メディアでしたので、失敗が痛い(財布的に)ので(苦笑)

手順は画像の順番通りに青○をチェックして終了
今回は [ K:\EE\For blog\Blu-ray\backup\BDROM ]のリッピングデータを
[ K:\EE\For blog\BDROM.ISO ]として保存

ファイルフォルダからイメージファイルを作成




 ImgBurn イメージファイル・ライディング
イメージとして保存した[ K:\EE\For blog\BDROM.ISO ]を選択し、
Blu-rayドライブを選択してBD-R DLへ書き込みました。

手順は画像の順番通りに青○をチェック
1枚30分くらい

posted by tsbs at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Software Onlinesoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック